お悩みから選ぶ

刺青・アートメイク

Qスイッチヤグレーザー
黒・赤の刺青に有効。刺青アートメイク除去のメインとなる施術です。
炭酸ガスレーザー
表皮を削る施術。表面的なほくろにも適しています。
Qスイッチルビーレーザー
深いところの刺青除去に最適
レーザー治療

美容形成外科の中の最先端医療の一つとして、レーザー治療があります。このレーザーとは、人工的につくられた高いエネルギーと固有の波長を持つ光のことで、ある特定の色素にのみ反応し、破壊します。この光の性質を利用して、光線を治療目的の部位に照射する事により、正常な皮膚組織を破壊することなく、アザ、刺青、そばかす等を除去する治療をレーザー治療と言います。現在ではこの応用範囲は多方面にわたり、アザ各種、シミ、そばかす、ニキビ跡、ホクロ、イボ、刺青、アートメイク等の除去と脱毛に使用されています。

Q-スイッチヤグレーザー

y

これで、赤アザ以外のアザ、刺青、シミ、そばかす、アートメイク、ホクロといった、茶~黒色の色素性皮膚疾患の治療が可能となります。
特に刺青の除去に効果があり、赤・黒・茶色の入れ墨はQスイッチヤグレーザーで治療を行います。なお多彩色の刺青の除去は、切除・植皮による治療となります。
これまでの治療法である、切除やドライアイス療法とは違い、正常な組織を、キズつけずに治療できますので、刺青、アザ等の色素のみが消失するという、画期的な治療法です。切開したキズや、皮膚の色素脱失といったことがありません。

炭酸ガスレーザー

co

ホクロ、ニキビ跡は炭酸ガスレーザーで治療します。
刺青の治療において、炭酸ガスレーザーで表皮をうすく削り、その後にQスイッチヤグレーザーを照射することで、より効果的に刺青除去をすることができます。

Q-スイッチルビーレーザー

Q-スイッチルビーレーザー

当院で扱うルビーレーザーは、シミ・色素製疾患治療レーザーとして強力な、最新の『Qスイッチルビーレーザー』です。 照射スポット内がムラなく均一に照射できるため、より効果の高い治療を行うことが可能です。
ルビーレーザーはシミの治療に効果的なレーザーです。従来のものは、照射スポットの中心部にエネルギーが集中するため、ムラが生じるという欠点がありました。当院で扱う『Qスイッチレーザー』なら、照射スポット内全てを均一に照射することができるため、より完全なシミの治療や、青あざや茶あざなど、メラニンが皮膚の奥深くにある疾患も取り除くことが可能です。

症例写真

  • s
  • mini-1
  • mini

▲クリックで症例写真をご覧いただけます。

適応疾患

qr2

赤あざ以外のメラニンによるほとんどのあざやシミの治療が可能!
老人性のシミ、そばかす、ほくろ、刺青、アートメイク、太田母班(青あざ)、扁平母班(茶あざ)、異所性蒙古斑など、メラニンが皮膚の奥深くにある疾患も、レーザーが深くまで入るQスイッチレーザーなら治療が可能です。