治療法から選ぶ

メドライトC6(肝斑レーザー)

メドライトC6は、QスイッチYAGレーザーを用いた肝斑の治療に優れた機器です。これまで肝斑にレーザーは厳禁とされていましたが、このメドライトC6 なら肝斑を悪化させることなくシミの原因であるメラニンを分解、またダウンタイムやかさぶたなどのストレスを感じずに治療を受けることができます。

  • 1、2週間に1回の間隔で5回の治療を推奨
  • 麻酔不要、ダウンタイムもありません
  • 治療時間は両頬で10分程度、直後からメイクが可能
  • 肝斑の改善にはメソダームやホームケア(ハイドロキノン外用やビタミン内服)などの併用が効果的
  • イムライトやコラーゲン注入など他のアンチエイング治療との組み合わせも可能

治療は週に一回、6回が1クールとなります。

肝斑とは

肝斑は頬骨の周辺や額などに左右対称で地図状に現れるしみのことで、30代から40代の女性に多く10代や60代以降の発症はほとんどありません。ピルの服用や妊娠、出産といった発症要因に強い紫外線が作用し発生するケースが多いことから女性ホルモンが関係しているのではないかと考えられていますが、はっきりした原因はわかっていません。また、ストレスも要因のひとつにあげられています。肝斑の治療には正しい診断とその方の症状に合った治療が大切です。